気ままに趣味旅行

面白いコト「拡がる/拡げる」

ブログをして良かったです ~~私が考えるブログのすすめ~~

どうもhiroakiです。

 

この記事タイトル(笑)

今回は、雑談記事を書きます。日頃思っていることや考えたことをまとめてみます。

なので、今回は本来のブログ趣旨「気ままに趣味旅行」について考えてみます。勝手にやってろって話ですよね(笑)

 

なぜこの記事を書こうかと思ったかというと、自分のこれまでを振り返って考えてみたからです。人生というのは長い川の流れを辿るようだと時々しみじみ思います。

youtu.be

 

はじめに ~~気ままに…というタイトルについて~~

そもそもブログを作る際、自分の名前をhiroakiとか、ブログ名を「気ままに」としたのですが、これは明らかに誤りだったなと思います。

まず、hiroakiはめっちゃ特徴がないし、同じ名前の人がたくさんいて被ります。それに「気ままに〜」がついた名前のブログは、たくさんあるんですよ。これは絶対覚えて貰えないと思いました。実際、現時点で、そこまでの知名度はないと思っています。

そのうえ、気ままに趣味旅行は検索してもらえると分かりますが、TBSの気ままに趣味旅と被る(笑)

ということで、明らかに詰んでました。

 

まあ、でも、、いいか、とも思ってそのまま(一番悪いパターンですね笑)続けてます。

気ままに趣味旅行の目的は、自分の趣味を通して、人生を楽しむことなので、ある意味これでいいんです(笑)

ここからどう転ぶかは実際誰にも分からない。けれど、自分自身が明らかに変化していることは確かです。 

 

で、

前にも書きましたが、あるブロガーさんがとりあえず、ブログを始めたら100記事書けと言ってました。

なので、100記事目指して書いてきました。半年ほど前にブログを始めましたが、この記事で91記事目です。のらりくらり適当に書いてきました。100記事書いてから振り返れよ、という話ですよねキリが悪い…笑。

 

「読む人」から「書く人」へ

基本、自分は読むことが趣味です。呼吸をするように読んでいたい。だから、そんな自分が書くというのは面白い、と逆に思います。自分に伝えられることなんてほとんどないし、知らない誰かの人生に影響を与えようとか、ましてや誰かを教育してやろうとか、無理ですね。自信もないし、そんなこと考えて生きてきたわけじゃない。興味がない。

そもそも人生は、長い川の流れを辿るようなものだと私は思います。今の自分なんてすぐに過ぎ去ってしまう。変わってしまう。「人は変わらない」と誰かが断言していましたが、私はそんな風に固くなには思いません。人は機会があれば変わるものです。

例えば、イスラム教典「コーラン」についての解説本にこう書いてありました。「ほんとうにアッラーは度々許される御方である」と。私はイスラム教徒ではありませんが、それがひとつの大きなきっかけ(あるいは救い)になりました。

そう考えると、これまで自分は様々な過ちを犯してきたと考えることができます。と、同時にうまくいったと考えることもできる。実は物事は二面性を持っているので、正直「ひとつのものをどちら側から評価するか」というほどのこと。善悪や成否などというものは、とてもあいまいなものでしかない。アッラーは自分にそう教えてくれたと捉えています。つまり、自分がそれを本当に求めれば、何度でも機会が与えられるということです。諦めない限りは。

ということで、誰かが言っていましたが「人生というものは学べば学ぶほど平坦になっていく」。自分もそんな風に考えています。二面性というものは、そもそもひとつのものを別方向から眺めているに過ぎないからです。つまり、事実となるものは基本的にはひとつなのです。それをどう捉えるかという個々人の問題は別として。

そしてまた、人生においては、転ぶことも進むことも自由です。正直何をやるのかは自分が好きなように決めたらいいと思います。ころころと転ぶように進むのもアリです。とにかく変化していく。自分自身においても、自分を取り巻く環境においても、時間というのは不可逆的ですから。

私はこう思います。私がいまここにいるのは「今」の間でしかない。私たちは明日はまた別の人間になっていく。積みあげることができるものもあれば、取り消すことも自由にできる、そう信じています。自分についていえば、過去も未来も今や架空の話に近い。それくらい私は自分自身が変わり続けているものだと考えています。

 

「今」の自分の足あとを「誰か」に残していく

ブログは基本的に自分のために書いている点が、私にとって相性がいいなと思っています。もちろん読み手を意識することもありますが、基本的には自分のためになるか、を中心に据えてきました。それが結果的に読み手のためになることが理想的です。

そんな私が書く際に心がけているのは、感度を上げること、です。

実際、「書く人」はいつも何を誰にどう伝えるか意識して発信していると思います。

「なにを」「だれに」「どう」伝えたら、自分が見ているものごとの「魅力」や「本質」がよりよく伝わるだろうか、を意識することはあなたの人生を劇的に変えると思います。気がつくことが増え、人生をより豊かにするでしょう。

また改めていうことでもありませんが、自分の人生というのは「自分のもの」です。そこを忘れちゃいけない。というか気がつかないといけない、と常々私は思います。そんな自分の人生を大切に扱い、その経験を誰かと分かち合うことは、きっとあなたの中に「面白い変化」を生むでしょう。

ちなみにここでいう「誰か」 には未来の自分自身をも含みます。なので、自分が読み返すことも意識して書くと良いかと思います。

 

伝える方法は何でもいい

自分は伝える方法として今も昔も「文字」が好きです。メディアには色々ありますが、シンプルに文字や絵が適切だと考えます。そのためブログをはじめました。

文字や絵だと好きなところを拾い読みしたり、飛ばし読みしたり、じっくり熟読したりできます。この辺の自由度も好きです。

ですが、自分が伝えたいことに合わせて、文字でも音楽でも絵でも動画でも、選んでいくのがベストだと思います。大切なのは文字ではなく、その背景にあるメッセージ(主張)です。

例えば、仏教や禅では、文字だけで伝えられることには限界があると教えます。伝えたいのはもっともっと深いこと。言い表せないようなこと。なので、現に私たちが伝える際も、「なにを」伝えたいか掘り下げることが先で、つぎに「だれに」伝えるか、それから「どう」伝えるかを選択するものかと思います。

また、伝え方にはどうやらある程度コツがあるようです。なので、1から自分で模索していくよりも、ある程度まねぶところから始めるとすんなりいくでしょう。

 

ブログにはメリットしか見当たらない

ブログは簡単な思いつきで安易に始めましたが、何だかんだ自分の勉強になりました。なので、これからも頑張りすぎないくらいに続けたいと考えています。なんといっても、当初はとりあえず100記事書くために、色んな物事に興味を持とうと思ってやってきました。そうしていないと、書くネタが本当にないんです(笑)ということは必然的に、自分の何もない人生に少しずつ色を足していき、その経過を全てブログにする、それくらいの気持ちで絞り出して書かないと、書くことなんて一切ないと思いました。

そういう経緯から、自分の触れたものはなるべく全て伝えようと思いました。学んだことも全てです。ブログにできなくても何かしら足あとを残し、メモをとり、写真をとり、「目の前のそいつはつまり何なのか」考えていました。すると日々、触れることをより意識して過ごすようになりました。面白かったです。いや、面白いです。なかなか。

さらに、読み手に伝える際には、どのポイントに絞って伝えようか、とか、どんな風に伝えようかとか。どんな言葉遣いが適切か、どんな順で話すべきか、写真はどんな風に撮ろうか、などなど。必然的に色々と考えさせられました。

また、まとめてるうちに、自分の理解が浅いことに気がつき、伝えるためには勉強してそのことをある程度理解する必要性に迫られます。他の人は同じことをどのように表現しているのだろうか、と調べてみたり、どんな風に写真にしているだろうか、とか、どの点に着目しているだろうか、と色々学ぶことになります。「知ろう」とするだけ「気がつく」ことが増えました。正直、今までこんなにネットや本、人の話す情報を活用できてこなかったです。色々な意味で、人に伝えたり教えたりすることは、ほんとうに自分にとってプラスになりました。

それに書くことは、正直面白いことです。うまく書く以上に思いがけないメリットがある。なので、単純にアウトプットを目的に始めるのもアリです。というか自分もほとんどアウトプットの意味でブログしてます。

また、ブログを始めた当初、はじめはブログのレイアウトを適当にいじっていた程度だったんですが、次第にオリジナルのウェブサイトを作ってみたい、という気持ちになりました。今までなら、そんな風には考えなかったでしょう。それで色々勉強した結果、簡単なものなら作ることができるようになったので、その成長がとても嬉しかったことを覚えています。よし一般に公開しよう、と思っていると、また新しい課題が出てきて…それで今のところいったん中断してます。しかし、学んだことで、できることや興味が広がったのは大きい収穫でした。これからも続けていきたいと思います。

また、その他のことに関しても興味の幅がぐんと広がったおかげで、自分の人生がより豊かになった実感があります。

それから、実は元々私のツイッターアカウントは鍵つきでした。このツイッターを公開アカウントにしたのも大きかったと感じています。これは自分が何かを発信しようと決めた時に、同時に決めたことでした。今までは、誰が読んでいるか分からないし、友人や信頼できる人以外に読まれることのないようツイッターアカウントに鍵をつけていました。批判されることが何より怖かったんです。しかし、ブログを始めてから、これをオープンにしようと決めました。

批判されても別にいいか、って思いました。自分の人生なんだし。

youtu.be

そんな感じで、あくまでゆるくやってますので「ま、下手でもいいか(笑)」って思って、てきとうに書いてます。

そして、「拡げる/拡がる」という目標を立てて始めたこのブログでしたが、気づいたのが「拡げる/拡がる」とはつまり「繋がる」ということ。これは読んでくれている方に教えてもらったことでした。本当にありがとうございました。

 

おわりに ~~これからも気ままな旅は続く~~

ささやかですが、これまでの、それから、これからの自分の人生の軌跡が誰かの一助となれば嬉しいです。さらに、コメントや読者登録、ツイッターのフォロー、などを通して、こんな私と気軽に絡んでもらえると嬉しいです。絡み下手なので、その点はご承知おきください。

こんな感じで、これからもゆるく、あくまで自分のために、気ままに趣味旅行していきたいと思います。よろしくお願いします。

では。